華やかなデザイン

婚約指輪のトレンドについて

結婚という人生におけるハイライトに、花を添える存在と言える婚約指輪。いつの時代も女性たちの憧れの的です。 そんな婚約指輪をめぐる現状はどういったことになっているか、ここで少し見ていきたいと思います。 まず現状において婚約指輪をいらないというカップルもいますが、多くのカップルは婚約指輪を購入しています。 購入代金として現在一般的なのは30万円台で、それ以外では10〜20万円台といった価格帯も人気となっています。かつては「給料の三か月分」などというキャッチコピーが市民権を得て多くの国民に知られましたが、今現在においてこの言葉自体はそれなりに知られていますが、購入代金として給料三か月分を意識して購入する人は少ないです。 実際このキャッチコピーはとある宝飾メーカーによる宣伝であって、特に裏付けのある数字ではありません。

指輪の選び方とサービス

婚約指輪は男性から女性に婚約の証として贈る大切な品ですから、選ぶ際には妥協せずこだわって選びたいところです。 婚約指輪をプロポーズと共に女性に渡すというシーンはよくテレビなどで目にしますが、こうしたサプライズで婚約指輪を渡す場合は先に男性だけで指輪を選ぶ必要があります。彼女の指のサイズを事前に知っていなければならないですし、好みもしっかりと把握しておく必要があるために中々ハードルは高いです。 そうしたことから多くのカップルはプロポーズ後に二人で宝飾店などに行って、婚約指輪を選んでいます。 婚約指輪の選び方には宝飾店に行って既製品の指輪を直接購入する方法と、好みのデザインを依頼して作ってもらうオーダーメイド指輪にするという選択肢があります。 最近ではセミオーダーのような既製品とオーダーメイドの間のようなサービスもあって、オーダーメイドは大変そうだけど既製品は味気ないというカップルに人気です。